配電盤・制御盤・分電盤の板金、塗装、配線、組立 古川工業株式会社

VOICES先輩の声

検査部門(品質保証課検査係)蓬田 裕也

宮城県出身
平成22年入社

製品の最終確認を行う検査部門。
精度をさらに高めて目指すはクレームゼロ!

自分が検査した製品が世に出て、
社会貢献できることがやりがいに。

 弊社が手掛ける分電盤や制御盤は、板金、塗装、組立の工程を経て完成します。私が所属する検査係は、いわば最後の総仕上げ。寸法や塗装の膜圧、部品とその配線など、その製品が図面通りなのかをひとつひとつチェックし、電気を流して導通・動作確認を行っていきます。チェック項目は多岐にわたり、1台の検査には平均で1時間~1時間30分ほどかかりますが、製品の仕様によっては丸1日かかることもあります。
 図面通りではない箇所を発見した場合には、設計や営業、組立などの各部門に連絡し、図面修正や製品の再組立を依頼します。そして改めて全項目のチェックを行い、すべてがOKであれば出荷します。自分が検査した製品でさまざまな人が電気を利用できるようになることは何よりのやりがいです。

検査は責任重大な部署ですが
その分やりがいも大きいですね。

 一番気を配っているのは、検査漏れをなくすことです。もし図面の間違いに気づかずに出荷してしまえば、お客さまに迷惑をかけてしまいますし、他の検査員が検査して出荷した製品も再検査することになってしまいます。私自身、もっと検査の精度を高め、クレームゼロを目指したいと思っています。
 検査は責任重大ですが、最もやりがいを感じられる仕事だと思います。電気分野の中でもシーケンス系に興味のある方々にとっては、今まで学んだ知識を存分に発揮できる職場です。

1 DAY SCHEDULE

8:30ミーティング
製品の出荷予定を確認しながら製品検査のスケジュールを立てていきます。
8:40検査
製品がお客さまの望む仕様になっているか、
図面と照らし合わせて確認し、導通・動作確認を行います。
10:00休憩
 
10:05検査
もし図面通りでない箇所を見つけた場合は、関連部署に連絡を取り、
図面の修正や再組立を依頼します。
12:00昼休み
 
12:45検査
午後も検査が続きます。配電盤や制御盤はオーダーメイドがほとんどなので、
図面を丁寧に確認してチェックしていきます。
15:00休憩
 
15:05検査
お客さまの望む仕様によっては1台の検査に1日を費やすことも。
残業2時間以内ならパン、3時間以内はお弁当が支給されます。
17:00退社
 
入社後に可能な資格取得【検査】
配電制御システム検査技能士、電気工事士など

PRIVATE

ドラマや映画が好きなので、休日は毎週のように映画館に行きます。

会社には映画好きの同僚がいることもあって、休日は一緒に映画を観に出掛けます。もともとドラマや映画が好きなので、ジャンルにはこだわりません。一人で行くことも多く、毎週のように観ていますね。最近では体を鍛えるため、岩沼市のトレーニング施設で運動しています。