配電盤・制御盤・分電盤の板金、塗装、配線、組立 古川工業株式会社

VOICES先輩の声

塗装部門(塗装係)高木 風雅

宮城県出身
平成26年入社

自分自身の技術力と成長が目に見えるんです。
この仕事を極め、さらに上を目指したいですね。

気温や湿度で塗装方法が変わります。
奥の深さを実感できる仕事です。

 仙台高等技術専門校に在学中、先生が勧めてくれたのが古川工業でした。学校は建築分野がメインでして、授業で習ったスプレー塗装が自分に合っていると感じていたこともあって弊社を志望しました。
 今の仕事は、板金が終わった筐体に表面処理を行い、塗装して組立に回すというものです。塗装という仕事はとても奥が深く、お客さまの製品ごとに塗装色はもちろん膜圧が指定されていますし、その日の温度や湿度によって仕上がりが大きく変わってきます。そのため、表面処理の段階からその日の天候に応じた技術が求められますが、きれいに仕上げることができた時には素直に「やった!」と喜べますし、自分自身の成長を改めて実感できます。自分の技術力が目に見えることと、大きな達成感がやりがいです。

塗装の仕事は体で覚えました。
量と質の両立に気を配っています。

 初めて塗装の仕事をやった時は、見た目以上の難しさを感じましたが、体で仕事を覚え、入社2年目からコツをつかんだ感じです。今は1日でやらなければいけない仕事の量と塗装の質を高める方法を考えて準備を行い、時間通りに終わらせられるように気を配っています。
 職場の皆さんも年齢層が近く、何でも相談できますし、仕事そのものも楽しみながら行えます。もちろん福利厚生もしっかりとしていて、バーベキューなど会社全体のイベントも結構あるんです。雰囲気のよい会社です。

1 DAY SCHEDULE

8:30ミーティング
その日に行う仕事の量や天候に応じた作業方法を検討し、
1日のスケジュールを立てていきます。
8:40塗装作業および
塗装補助作業
塗装補助作業は塗装を行う前の下処理です。板金から上がってきた筐体に
ペーパーがけやゴミ除去をして、表面処理を行います。
10:00休憩
 
10:05塗装作業および
塗装補助作業
その日の気温や湿度によって表面処理の方法も変わります。
塗装の仕上がりに納得がいかない場合、表面処理に工程を戻して作業を行う場合もあります。
12:00昼休み
 
12:45塗装作業および
塗装補助作業
塗装部門には塗装を行う4つのブースがあります。気温や湿度、塗料の性質を見極めながら塗装を行っていきます。
15:00休憩
気温が30度の時はドリンクが1本、35度以上の時には2本支給されます。
15:05塗装作業および
塗装補助作業
弊社では粉体塗装と溶剤塗装の2通りが行えます。
今の私は粉体塗装が中心なので今後は溶剤塗装も手掛けてみたいと思っています。
17:00退社
 
入社後に可能な資格取得【塗装】
金属塗装技能士、危険物取扱者など

PRIVATE

趣味は愛車の車いじり。最近はマフラーを交換しました。

休日は趣味の車いじりが中心です。最近ではマフラーの交換と車高調整を行いました。車関係の方たちと交流があることもあって、自分なりに手掛けていたらある程度できるようになったという感じです。帰宅後はネットサーフィンが中心。いろんな雑学を調べています。